サービス一覧

冠婚葬祭で香典やご祝儀を包む時に使うふくさですが、マナーが気になる場所だけに、その使い方も気をつけなければなりません。
受付に着いた時、バッグの中からそのまま袋を出すよりも、ふくさに包んだものをさっと取り出したほうが、とてもスマートだと思います。
また、先方への心遣いという意味をこめたり、袋自体が崩れたり汚れたりするのを防ぐ役割もあります。
人生の節目である冠婚葬祭で使う物ですから、どんなものを選べばいいのか迷ってしまいますね。
種類も沢山ありますが、紫のものがとても重宝します。
お祝いの席にはピンクなど華やかな色、弔事には寒色の色が適切ですが、紫はどちらの席でも使えるのです。
色形を問わず、慶事と弔事では包み方を変える必要があります。
慶事の場合、祝儀袋が右側から取り出せるようにします。
弔事の場合はその逆です。
お札の入れ方や袋のとじかた同様、その点は間違えてはいけません。
最低限のマナーとして覚えておくことが大切です。
冠婚葬祭は先方にとってとても大事な日です。
その席にお邪魔するという事は、マナーを守る事が最大の敬意だと思います。
ふくさひとつとっても大事な敬意のひとつですから、選び方や使い方を間違えないよう、気持ちよく使用することが大切です。