サービス一覧

冠婚葬祭の場でご祝儀や香典などを渡す際には、正式にはふくさに包んで持参するのが一般的ですが、使用する場面によって、包み方や使用する色、渡し方などが変わってきます。
そこで今回は冠婚葬祭でのふくさの使い方やマナーについてご紹介したいと思います。
一般的にふくさは正方形の形で、内側に台がついているものや、折りたたんだ時に留めておくことができる爪がついたものなどがあります。
近年では封筒のような形になっているものもあります。
色にも様々なものがありますが、一般的にはお祝い事である慶事には赤やピンク、朱色などの温かみのある色、葬儀などの弔事では紺や緑などの暗い色を使います。
紫色はどの場面でも使用できるので、紫色のものが1枚あると便利です。
包み方は慶事と弔事では全く異なります。
慶事では中央に祝儀袋を置いたら、左、上、下、右の順に角を折りたたみます。
弔事ではこれとは逆に右、下、上、左の順に角を折りたたみます。
その場に合ったものを選び、正しい包み方をし、相手に失礼にならないように気を付けましょう。